Fラン卒サラリーマンのブログ

Fラン卒の私が就活の体験談など紹介します

味の素のインターンは内定直結!?本選考で優遇される?

f:id:syuukatuman:20180928103448j:plain

この記事を読んでいる方は味の素のインターンがとても気になっているんじゃないでしょうか?味の素のインターシップの倍率は非常に高いです。今回は、味の素のインターンは内定直結なのか?に加えてインターンの選考情報も併せて紹介していきたいと思います!
結論から申し上げますと、味の素のインターンシップは内定に直結ではありません!しかし、選考に関しては多少優遇があるようです。


1.味の素とは?


『日本の食品企業。「味の素」は、同社が製造販売するL-グルタミン酸ナトリウムを主成分とするうま味調味料で、同社の登録商標。現在のコーポレートスローガンは「Eat Well, Live Well.」』
引用;wikipedia


2.味の素のインターンシップの選考フロー 


ES→面接→合格
という選考フローでした。


3.味の素のインターンの選考


①ES
(1)GBWへエントリーをする理由を簡単に記⼊して下さい。 (50文字以下)
(2)学生時代に力を入れた取り組みと、そこでの課題を解決する為に、あなた⾃⾝が取り組んだことを具体的に記述してください。 (400文字以下


②個人面接
学生:面接官=1:1 20分程度の面接になっています。ESの深堀、インターンシップ参加志望動機、グローバルで働くことについてなどの質問をされます。また、インターンシップをどのように知ったかなどの経緯も聞かれるそうです。20分と面接時間が短いのでできるだけ簡潔に応えられるように努める必要があります。

◎面接対策
1.ガクチカ・自己PRのブラッシュアップ
就活の面接において『学生時代頑張ったこと』は確実に聞かれるので振り返りをしておきましょう。また50秒程度で話せるように準備もしておきましょう。
2.過去問の整理
企業が過去にインターンで質問したものをone careerなどの就活サイトを使い質問を洗い出しましょう。そしてそれらの回答を準備しておきましょう
3.面接練習をしよう!!
面接は何と言っても場慣れです。慣れが重要です。実際に自分では用意してきても、面接の空気感に押しつぶされて自分の力を発揮できなかったりします。
そこで企業のインターンの選考を受ける前に就活イベント等で場慣れするのをオススメします。私がオススメするのは『MeetsCompany』で実際に本番レベルの面接が受けれるのに加え、プロの就活アドバイザーが面接対策をしてくれます。
『MeetsCompany』の詳しい情報についてはこちら

 

www.syukatsuman.com

 また就活友達を作るのもありですね

 

 

www.syukatsuman.com

 


4.インターンシップ


参加学生は40名ほどで早慶が大半を占めています。インターンシップは課題解決型グループワークになっています。3日間のインターンシップでは1日目には味の素についての説明後、グループワークを行います。2日目もグループワークがメインで、3日目に発表後懇親会が開かれます。


5.インターンシップ後のフォロー 


インターンシップ参加者限定のインターンシップが後日開催されたり、人事社員との交流を深めたりする場もあるので、インターンシップに参加していない学生より、選考は有利になるでしょう。
上記の通り、インターンに参加したほうが内定に近づくのは明白であるでしょう。味の素は就活生から毎年かなりの人気を誇っており、本選考ではかなりの倍率となります。そのために行きたい学生は、インターン参加するべきでしょう。
いかがだったでしょうか?今回は味の素のインターンシップは内定直結か?について紹介させていただきました。味の素のインターンシップは選考が優遇されるので、皆さんもぜひエントリーしてみてください。

 

 

お問い合わせはこちらまで
メールフォーム