Fラン卒サラリーマンのブログ

Fラン卒の私が就活の体験談など紹介します

キヤノンのインターンは内定直結!?面接対策も!

f:id:syuukatuman:20180927162559j:plain

この記事を読んでいる方はキヤノンのインターンがとても気になっているんじゃないでしょうか?キヤノンのインターンシップの倍率は非常に高いです。今回は、キヤノンのインターンは内定直結なのか?に加えてインターンの選考情報も併せて紹介していきたいと思います!
結論から申し上げますと、キヤノンのインターンシップは内定に直結です!

 

 ↓↓就活のやるべき事を全て書きました!!読まないと損!!↓↓

www.syukatsuman.com

 

1.キヤノンとは? 


『カメラ、ビデオをはじめとする映像機器、プリンタ、複写機をはじめとする事務機器、デジタルマルチメディア機器や半導体露光装置(ステッパー)などを製造する大手電気機器メーカー。 』
引用:wikipedia

 

2.キヤノンのインターンシップの選考フロー 


ES→1次選考→合格
という選考フローでした。

 

3.キヤノンのインターンの選考 


①ES
(1)大学生活の中で周囲の人を巻き込んで成し遂げたことは何ですか。その際、どのように困難を克服したか、そこから何を得たか、具体的に記述してください。(400字以内)
(2)ご自身の一番の強みは何ですか。大学生活の中でその強みを発揮したエピソードについて、具体的に記述してください。(400字以内)
(3)あなたにとって“メーカー”とは何ですか?そして”メーカー“の将来をどう考えますか?具体的に記述してください。(400字以内)
◎ポイント
(1)、(2)に関しては自分自身がどういう経験をしてきたのか、どういう人間なのかを伝えるようにしてください。(3)メーカーとはどういったモノかという点から視野を広げて考えてください。
②1次選考(面接)
◎ポイント
聞かれる内容については
・学生時代に頑張ったこと
・インターンシップ参加志望理由
・キヤノンを志望した理由
がメインです。できる限り、キヤノンを志望した理由は明確に説明してください。特にこの質問に関しては重きを置いています。面接時間が短いため自分の伝えたいことを簡潔に言えるように練習しておくと本番で慌てることはないと思います。

◎面接対策
1.ガクチカ・自己PRのブラッシュアップ
就活の面接において『学生時代頑張ったこと』は確実に聞かれるので振り返りをしておきましょう。また50秒程度で話せるように準備もしておきましょう。
2.過去問の整理
企業が過去にインターンで質問したものをone careerなどの就活サイトを使い質問を洗い出しましょう。そしてそれらの回答を準備しておきましょう
3.面接練習をしよう!!
面接は何と言っても場慣れです。慣れが重要です。実際に自分では用意してきても、面接の空気感に押しつぶされて自分の力を発揮できなかったりします。
そこで企業のインターンの選考を受ける前に就活イベント等で場慣れするのをオススメします。私がオススメするのは『MeetsCompany』で実際に本番レベルの面接が受けれるのに加え、プロの就活アドバイザーが面接対策をしてくれます。
『MeetsCompany』の詳しい情報についてはこちら

 

www.syukatsuman.com

 

 

また就活友達を作って練習を重ね、経験値を積むのもありですね

 


www.syukatsuman.com

 

 

4.インターンシップ 


参加者は様々な大学です。インターンシップの内容は新規事業立案型グループワークです。
キヤノンを知るために工場見学等が設けられてます。


5.インターンシップ後のフォロー 


ES→webテスト→早期面談→二次面談→内定(4月上旬)
ES→webテスト→1次面接→2次面接→最終面接→内定

上記の通り、インターンシップに参加により、早期選考に呼ばれます。面接は1回分少なくなります。インターンに参加したほうが内定に近づくのは明白であるでしょう。キヤノンは就活生から毎年かなりの人気を誇っており、本選考ではかなりの倍率となります。そのために行きたい学生はインターン参加するべきでしょう。いかがだったでしょうか?今回はキヤノンのインターンシップは内定直結か?について紹介させていただきました。キヤノンのインターンシップは内定に有利なので皆さんもぜひエントリーしてみてください。

お問い合わせはこちらまで
メールフォーム