Fラン卒サラリーマンのブログ

Fラン卒の私が就活の体験談など紹介します

TISのインターンは内定直結!?倍率・評判は?

f:id:syuukatuman:20180928103448j:plain


この記事を読んでいる方はのインターンがとても気になっているんじゃないでしょうか?のインターシップの倍率は低いです。今回は、TISのインターンは内定直結なのか?に加えてインターンの選考情報も併せて紹介していきたいと思います!
結論から申し上げますと、TISのインターシップは内定直結ではありません!

 


1.TISとは? 


『東京都新宿区に本社を置く、大手のシステムインテグレーター(独立系)。傘下にインテック、アグレックス、クオリカ、AJSなどを擁するTISインテックグループの中核企業である。』
引用;wikipedia


2.TISのインターンシップの選考フロー(3日間夏インターンシップ営業職)


ES→合格
という選考フローでした。選考に面接はありませんでした!


3.TISのインターンの選考


①ES
(1)自分の強みを一つ選択し、説明してください(100文字)
(2)インターンシップの参加志望動機を入力してください。(100文字)
◎ポイント
設問が少ないので簡潔に分かりやすく伝えることが重要です。

 

4.インターンシップ 


参加大学は様々です。ESのみの選考とあり、かなり参加者に差があるようです。課題解決型グループワークにより、IT業界・会社の理解、実際の仕事の追体験等が経験できます。インターンシップの評判としてはIT業界を全く知らない方には納得のいく内容になっているようです。

 

5.インターンシップ後のフォロー


特にインターンシップ参会者限定の早期選考枠があるわけでは無いようです。ただし、3日間のインターンシップに参加した人は他の方より早く秋冬のインターンシップが案内されます。
また、インターンシップ参加者は会社の深い理解に繋がるため参加していない方より、情報面で有利です。
TISは就活生から毎年かなりの人気を誇っており、本選考ではかなりの倍率となります。そのために行きたい学生は、インターン参加するべきでしょう。
いかがだったでしょうか?今回はTISのインターンシップは内定直結か?について紹介させていただきました。TISのインターンシップは内定直結ではありませんが、他の方と差をつけるためにもぜひエントリーしてみてください。

お問い合わせはこちらまで
メールフォーム