Fラン卒サラリーマンのブログ

Fラン卒の私が就活の体験談など紹介します

野村証券のインターンは本選考優遇!?リクルーターが付く?

f:id:syuukatuman:20181001171355p:plain

この記事を読んでいる方は野村証券のインターンがとても気になっているんじゃないでしょうか?野村証券のインターシップの倍率は非常に高いです。今回は、野村証券のインターンは内定直結なのか?に加えてインターンの選考情報も併せて紹介していきたいと思います!
結論から申し上げますと、野村証券のインターシップ(4DAYS)は内定に有利です。

 

1.野村証券とは? 


『東京都中央区日本橋一丁目(日本橋本社・本店)に本拠を構える、野村ホールディングス傘下の子会社で証券会社。野村グループの証券業務における中核会社である。歴史を通じて債券取引を強みに経営を拡大してきた。オイルショック以来の多国籍企業である。 』
引用;wikipedia

 

2.野村証券のインターンシップの選考フロー(4DAYS)


ES→Webテスト→GD→グループ面接→合格
という選考フローでした。


3.野村証券のインターン(4DAYS)の選考


①ES
(1)志望理由(200字以内)
(2)自己PR
②WEBテスト・適性検査
性格診断(GLOW)
③グループディスカッション、グループ面接
企業の説明を30分受けた後に、GDとグループ面接が行われる形です。

◎面接対策
1.ガクチカ・自己PRのブラッシュアップ
就活の面接において『学生時代頑張ったこと』は確実に聞かれるので振り返りをしておきましょう。また50秒程度で話せるように準備もしておきましょう。
2.過去問の整理
企業が過去にインターンで質問したものをone careerなどの就活サイトを使い質問を洗い出しましょう。そしてそれらの回答を準備しておきましょう
3.面接練習をしよう!!
面接は何と言っても場慣れです。慣れが重要です。実際に自分では用意してきても、面接の空気感に押しつぶされて自分の力を発揮できなかったりします。
そこで企業のインターンの選考を受ける前に就活イベント等で場慣れするのをオススメします。私がオススメするのは『MeetsCompany』で実際に本番レベルの面接が受けれるのに加え、プロの就活アドバイザーが面接対策をしてくれます。
『MeetsCompany』の詳しい情報についてはこちら

 

www.syukatsuman.com

 

また就活友達を作って練習を重ね、経験値を積むのもありですね

 

www.syukatsuman.com

 

 

4.インターンシップ 


参加学生の特徴としては早慶上智、GMARCH、地方国立大学などです。
インターンシップの内容は課題解決型グループワークになっています。

 

5.インターンシップ後のフォロー


インターンシップ参加後はキャリアサポーター(リクルーター)が付き、面談などが開催されます。また、抽選の説明会ではリクルーターが付いた場合は特別枠として招待されます。
優先的に説明会・面談等をしてもらえるので、参加していない学生に比べて優遇されることが多いです。そのため、内定に有利になります。
野村証券は就活生から毎年かなりの人気を誇っており、本選考ではかなりの倍率となります。そのために行きたい学生は、インターンに参加するべきでしょう。
いかがだったでしょうか?今回は野村証券のインターンシップは内定直結か?について紹介させていただきました。野村証券のインターンシップ参加により、参加者に対しての優遇がありますので、皆さんもぜひエントリーしてみてください。

お問い合わせはこちらまで
メールフォーム