Fラン卒サラリーマンのブログ

Fラン卒の私が就活の体験談など紹介します

SCSKのインターンは本選考で有利になる?倍率は高い!?

f:id:syuukatuman:20180927162559j:plain

この記事を読んでいる方はSCSKのインターンがとても気になっているんじゃないでしょうか?SCSKのインターシップの倍率は非常に高いです。今回は、SCSKのインターンは本選考で有利になるのか?に加えてインターンの選考情報も併せて紹介していきたいと思います!
結論から申し上げますと、SCSKのインターシップは本選考で有利になります!!!

では、SCSKのインターンシップに参加するとどのように有利になっていくのか見ていきましょう。

 

1.SCSKとは? 


『住友商事の情報システム部門が独立して発足して以来、特定のハードウェアやプログラミング言語に縛られない中立的なソフトウェア開発に実績があり、安定した収益力と成長性を保っている。最近では独立系SI企業の躍進により、ソフトウェア開発における中立性という商品的価値が落ちたことから、Curlという独自言語を保有するなど、中立性も保ちつつ独自性を出す方針に転換する動きもあるが、Curlを前面に押し出した営業は行っていない。 』
引用;wikipedia

2.SCSKのインターンシップの選考フロー 


①ES→②筆記試験&集団面接→合格
という選考フローでした。

 

3.SCSKのインターンの選考 


①ES
(1)自己PRをご記入ください(400文字以内)
(2)SCSKおよびSCSKのインターンシップに興味を持った理由をご記入ください。(400文字以内)
(3)所属する学部で何を学び、実際に何を得られたかをご記入ください。(500文字以内)
◎ポイント
ESの難易度は高くありません。自分がしたいことについて書いてください。

②筆記試験&集団面接
◎ポイント
筆記試験はクレペリン検査です。ひたすら時間内で足し算をします。
面接は集団面接です。4人の学生に対し、1人の社員が付きます。集団面接は他人を気にせずに端的にわかりやすく答えましょう

◎面接対策
1.ガクチカ・自己PRのブラッシュアップ
就活の面接において『学生時代頑張ったこと』は確実に聞かれるので振り返りをしておきましょう。また50秒程度で話せるように準備もしておきましょう。
2.過去問の整理
企業が過去にインターンで質問したものをone careerなどの就活サイトを使い質問を洗い出しましょう。そしてそれらの回答を準備しておきましょう
3.面接練習をしよう!!
面接は何と言っても場慣れです。慣れが重要です。実際に自分では用意してきても、面接の空気感に押しつぶされて自分の力を発揮できなかったりします。
そこで企業のインターンの選考を受ける前に就活イベント等で場慣れするのをオススメします。私がオススメするのは『MeetsCompany』で実際に本番レベルの面接が受けれるのに加え、プロの就活アドバイザーが面接対策をしてくれます。
『MeetsCompany』の詳しい情報についてはこちら

 

 

www.syukatsuman.com

 

 

4.インターンシップ 


基本的には理系学生が多いが、様々な分野の人が集まったインターンシップです。
3日間で課題解決型のワークに取り組みます。自分たちでタイムスケジュールを管理しながらワークを進めます。

 

5.インターンシップ後のフォロー

 

通常:会社説明会→WEBテスト→ES→集団面接→筆記試験→社員座談会→個人面接→役員面接→内定

通常の選考であると上記のような選考形式であるがインターンに参加することにより、早期選考ルートが言われており、1次面接がなくなります。友人の話ではSCSKのインターンシップに参加するとほぼ内定確実であり、本選考ではかなり有利に働くということでした。ただ倍率がかなり高いようです。


上記の通り、インターンに参加したほうが本選考ではかなり有利になるのは明白であるでしょう。SCSKは就活生から毎年かなりの人気を誇っており、本選考ではかなりの倍率となります。そのためSCSKに行きたい学生は、インターン参加するべきでしょう。
いかがだったでしょうか?今回はSCSKのインターンシップは本選考に有利になるか?について紹介させていただきました。SCSKのインターンシップは選考が有利になるので皆さんもぜひエントリーしてみてください。

 

お問い合わせはこちらまで
メールフォーム