Fラン卒サラリーマンのブログ

Fラン卒の私が就活の体験談など紹介します

日立のインターンは内定直結!?本選考で優遇?

f:id:syuukatuman:20180927112239j:plain


この記事を読んでいる方は日立のインターンがとても気になっているんじゃないでしょうか?日立のインターシップの倍率は非常に高いです。今回は、日立のインターンは内定直結なのか?に加えてインターンの選考情報も併せて紹介していきたいと思います!
結論から申し上げますと、日立のインターシップ(3週間)は内定直結です!
今回は技術職について書いていきます!

 

1.日立とは? 


『株式会社日立製作所(ひたちせいさくしょ、英: Hitachi, Ltd.)は、日本の電機メーカーであり、日立グループの中核企業。国内最大の電気機器メーカー[3]です。
通称は日立やHITACHIなどです。特に創業の地であり、主力工場を抱える茨城県日立市などでは、行政機関の日立市や他の日立グループ各社などと区別するため日立製作所の略称で日製とも呼ばれています。』
引用;wikipedia

 

2.日立のインターンシップの選考フロー 


①ES→②WEBテスト→③面接→合格
という選考フローでした。


3.日立のインターンの選考 


①ES
(1)研究テーマ(200字以内)
(2)研究内容(1200字以内)
(3)特技(50字以内)
(4)自己PR (200文字以内)
(5)志望動機
◎ポイント
自分自身が何をやりたいのかを明確にしてえSを書いてください。
②WEBテスト・適性検査
企業オリジナルテスト(言語、計数、性格)

③面接
(1)自己紹介
(2)学生時代に頑張ったこと
(3)インターン志望理由
(4)逆質問

◎ポイント
オーソドックスな質問内容なので、学生時代に頑張ったことや今回のインターンに対する意欲をしっかりアピールしてください。

 

4.インターンシップ 


実務体験式のインターンです。3週間のインターンで社員さんが評価をつけているので気を抜かずにやりましょう


◎ポイント
内定を有利にするためには3週間のインターンは気を抜かず、取り組んでください。

 

5.インターンシップ後のフォロー


*模擬面談→ES→WEBテスト→フィールドマッチング
*模擬面談は一部のインターン生を対象
通常:ES→WEBテスト→面接→面接→内定

上記の通り、インターンに参加したほうが内定に近づくのは明白であるでしょう。日立は就活生から毎年かなりの人気を誇っており、本選考ではかなりの倍率となります。そのため日立に行きたい学生は、インターン参加するべきでしょう。
いかがだったでしょうか?今回はのインターンシップは内定直結か?について紹介させていただきました。日立のインターンシップは参加すると内定直結なので、皆さんもぜひエントリーしてみてください。

お問い合わせはこちらまで
メールフォーム