Fラン卒サラリーマンのブログ

Fラン卒の私が就活の体験談など紹介します

NTTコミュニケーションズのインターンは内定直結!?

f:id:syuukatuman:20180928103448j:plain


この記事を読んでいる方はNTTコミュニケーションズのインターンがとても気になっているんじゃないでしょうか?NTTコミュニケーションズのインターシップの倍率は非常に高いです。今回は、NTTコミュニケーションズのインターンは内定直結なのか?に加えてインターンの選考情報も併せて紹介していきたいと思います!
結論から申し上げますと、NTTコミュニケーションズのインターシップは内定にかなり近づくため、絶対参加した方が良いインターンシップです。

では紹介していきます。

 

1.NTTコミュニケーションズとは?


『エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社(NTTコミュニケーションズ、英語: NTT Communications Corporation)は、世界最大規模の通信事業者のひとつである日本電信電話株式会社(NTT)の長距離・国際通信事業を担う完全子会社であり、NTTグループの主要企業の一つです。コーポレートスローガンはTransform.Transcend.
世界40カ国/地域以上、110都市以上の拠点に約22,000名のスタッフを配し、クラウド、ネットワーク、セキュリティ、コンサルティングを提供を通し、顧客企業のグローバルビジネスをサポートしています。』
引用:wikipedia

 

2.NTTコミュニケーションズのインターンシップの選考フロー 


①ES→②動画面接(1次選考)→③個人面接(2次面接)→合格
という選考フローでした。

 

3.NTTコミュニケーションズのインターンの選考


①ES
(1)インターンシップの参加志望動機を入力してください。(400文字以内)
(2)あなたらしさを発揮できたエピソード(400文字以内)
(3)グローバルに関心がある理由(200文字以内)
(4)ICTに興味を持つ理由(200文字以内)
(5)志望職種選択理由(200文字以内)
◎ポイント
質問数が少し多いですが、オーソドックスな質問内容です。
難しく考えずに取り組んでください。
・WEBテスト・適性検査
②動画面接
ICTを使って解決したい課題(60秒以内)
◎ポイント
できるだけ簡潔に述べるようにしましょう。

③個人面接
社員:学生=2:1(30分間)
ESの内容からの深堀がメインです。
テンポの良い会話が続きます。自分自身がインターンシップに参加したい理由、学生時代力を入れて取り組んだことに対して、しっかり考えて面接に取り組みましょう。

◎面接対策
1.ガクチカ・自己PRのブラッシュアップ
就活の面接において『学生時代頑張ったこと』は確実に聞かれるので振り返りをしておきましょう。また50秒程度で話せるように準備もしておきましょう。
2.過去問の整理
企業が過去にインターンで質問したものをone careerなどの就活サイトを使い質問を洗い出しましょう。そしてそれらの回答を準備しておきましょう
3.面接練習をしよう!!
面接は何と言っても場慣れです。慣れが重要です。実際に自分では用意してきても、面接の空気感に押しつぶされて自分の力を発揮できなかったりします。
そこで企業のインターンの選考を受ける前に就活イベント等で場慣れするのをオススメします。私がオススメするのは『MeetsCompany』で実際に本番レベルの面接が受けれるのに加え、プロの就活アドバイザーが面接対策をしてくれます。
『MeetsCompany』の詳しい情報についてはこちら

 

www.syukatsuman.com

 

 

また就活友達を作って練習を重ね、経験値を積むのもありですね

 

www.syukatsuman.com

 

4.インターンシップ 


実際の業務を2週間で体験するようなものになっていて、現場で働いていらっしゃる社員さんと一緒になって実務の仕事を振られるので、それを個人・個人で取り組み、解決する。かなり技術の身につくインターンシップでした。
2週間の中で社員の方が学生を評価しているので、受け身ではなく積極的にインターンシップに参加することで内定にも有利であるように感じました。

 

5.インターンシップ後のフォロー 


①ES→②テストセンター→③マッチング懇談会→内定
(通常の選考:①②は同じでマッチング面談が2回)

①ES
(1)当グループで挑戦したいことや夢/目標をご記入ください(400文字以内)
(2)その夢/目標に向けてあなたが活かせると思うことをご記入ください(400文字以内)
(3)学生時代に特に頑張った経験について教えてください(200文字以内)
(4)本エントリーシートでこれまでご回答いただいたものの他にアピールポイントがあれ   ば教えてください。(200文字以内)
②テストセンター
言語・非言語・英語の3種類
NTTコミュニケーションズのSPIのボーダーは少し高めではありますが、インターンシップ参加者は酷い点数ではない限り、SPIで落とされることは無いでしょう。
③マッチング懇談会
ESの内容ではなく、インターンシップに参加した時の内容について聞かれました。インターンシップでの取り組み内容、学んだことなどを明確にしているととてもスムーズに会話することができます。


<面接の雰囲気>
インターンシップ参加者は大変面接内容は緩く、面接官も終始にこやかでした。30分の面接でしたが、ほぼ雑談をして終了という形でした。個人的な感覚ではもうすでに内定決まっている感じに受けました。
一方で、インターンシップの参加時に好ましくないと思った学生に対しては通常の面接の通り、少し緊張感のある面接になるとのことでした。

結論インターンで活躍した人は内定に近づくということですね。


<内定の連絡>
内定の電話は1週間後以降にきました。焦らずに待ちましょう。

上記の通り、インターンに参加したほうが通常より、面接回数は少なく、気持ちを楽にして取り組むことができ、内定に近づくのは明白であるでしょう。NTTコミュニケーションズは就活生から毎年かなりの人気を誇っており、本選考ではかなりの倍率となります。そのために行きたい学生は、インターン参加するべきでしょう。
いかがだったでしょうか?今回はのインターンシップは内定直結か?について紹介させていただきました。NTTコミュニケーションズのインターンシップは皆さんもぜひエントリーしてみてください。

 

 ↓↓就活のやるべき事を全て書きました!!読まないと損!!↓↓

www.syukatsuman.com

 

お問い合わせはこちらまで
メールフォーム