Fラン卒サラリーマンのブログ

Fラン卒の私が就活の体験談など紹介します

アステラス製薬のインターンは内定直結!?倍率は高い?

f:id:syuukatuman:20180927115805j:plain


この記事を読んでいる方はアステラス製薬のインターンがとても気になっているんじゃないでしょうか?アステラス製薬は国内TOPの製薬メーカーであり、インターンの倍率もかなり高いです。今回は、アステラス製薬のインターンは内定直結なのか?に加えてインターンの選考情報も併せて紹介していきたいと思います!

 

結論から申し上げますと、アステラス製薬のインターンは内定直結です!!!!

では見ていきましょう。

 ↓↓早期内定が欲しい方はこちらの記事をクリック↓↓


www.syukatsuman.com

 

 



1.アステラス製薬とは?


『アステラス製薬株式会社(アステラスせいやく、英語:Astellas Pharma Inc.)は、日本の製薬会社である。2005年4月1日に山之内製薬と藤沢薬品工業が合併し発足した。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 』

正式名称:アステラス製薬株式会社
所在地:〒103-8411
東京都中央区日本橋本町二丁目5番1号
設立年:1939年(昭和14年)3月20日
(山之内製薬株式会社)
売上高:単体:6,299億15百万円
連結:1兆3,116億65百万円

引用;wikipedia

やはり国内TOPの製薬メーカーということもあり、売上がかなり多いですね。


2.アステラス製薬のインターンシップの選考フロー

アステラス製薬のインターシップは夏と冬にあります。今回は冬のインターシップの例を挙げて説明させていただきます。
ES→GD→合格
という選考フローでした。実際に詳しく見ていきましょう。



3.アステラス製薬のインターンの選考


①ES

19卒のインターンシップのESは次のようなものでした。
(1)志望動機

→アステラス製薬への志望動機のみでした。自分の経験を踏まえたうえでなぜMRなのか?なぜアステラス製薬なのかを書いていけば◎です。

・WEBテスト(SPI)

WEBテストがこの書類選考では一番大事です。このWEBテストの点数で足切りをしているようです。実際に人事さんは『かなりの高倍率だった』とおっしゃっていました。


◎ポイント
WEBテストの出来に左右される。どんなに良いESを書いていようとも、WEBテストの出来が悪いと落ちてしまいます。


②GD

・所要時間
30分
GDのテーマは医薬品とは関係なく、私の場合は資料読み取り型のグループディスカッションでした。

 

◎ポイント
グループディスカッションで重要なのは、協調性と議論の修正です。就活では嫌と言っていいほど、クラッシャーと呼ばれる議論を壊すモノが現れます。
そのクラッシャーが出てきても焦らずにグループでいい結論を出すのが大事です。そのために自分がなにができるのか?を考えてみてください。
しかしグループディスカッションは慣れが必要です。かなり実践をこなさない限り難関インターンのグループディスカッションの突破は難しいでしょう。
【digmee】という無料の就活サービスはグループディスカッションの練習が本番レベルで出来るのに加え、フィードバックもしてくれます。
詳しくはこちらの記事に載っています

 

www.syukatsuman.com

 


4.インターンシップ



インターンは5日間であり、MRのロールプレイングに加え、現役MRの営業動向プログラムがありました。

※ここで注意はインターシップ中に評価されていることです。ここで高評価をもらうと内定にぐっと近づきます。



5.インターンシップ後のフォロー



インターシップ後は、インターシップで優秀だった方のみに【AAAセミナー】というものが開かれます。ここに招待されたひとはほぼアステラス製薬の内定をもらっている印象です。実際に私もAAAセミナーに参加し、内定をもらいました。

AAAセミナー後、インターシップ者限定の説明会に招待され、面接を本選考で行いましたが、がっつりとした面接はなく内定をもらえました。振り返るとやはりアステラス製薬のインターンシップの参加は内定直結でした

今回はアステラス製薬のインターンシップは内定直結か?ということを紹介していきました。私の結論から行くとアステラス製薬のインターンシップは内定直結だと感じました。

お問い合わせはこちらまで
メールフォーム