Fラン卒サラリーマンのブログ

Fラン卒の私が就活の体験談など紹介します

三菱UFJ銀行のインターンシップは内定直結!?倍率が高い!?

f:id:syuukatuman:20180927120303p:plain


この記事を読んでいる方は三菱UFJ銀行のインターンがとても気になっているんじゃないでしょうか?三菱UFJ銀行はメガバンクと呼ばれる3つの銀行の1つです。三菱UFJ銀行のインターシップの倍率は非常に高いです。今回は、三菱UFJ銀行のインターンは内定直結なのか?に加えてインターンの選考情報も併せて紹介していきたいと思います!
結論から申し上げますと、早期選考はあるが、三菱UFJ銀行のインターシップ内定直結型インターンシップではなく、あまり優遇もされません。

では詳しく見ていきましょう。

 ↓↓早期内定が欲しい方はこちらの記事をクリック↓↓


www.syukatsuman.com

 

 

1.三菱UFJ銀行とは?

 

『株式会社三菱UFJ銀行(みつびしユーエフジェイぎんこう、英語: MUFG Bank, Ltd.)は、本店を東京都千代田区に置く、三菱UFJフィナンシャル・グループ傘下の都市銀行。3大メガバンクの一角を占める。』
引用;wikipedia
メガバンクと呼ばれる3大銀行の中の1つです。


2.三菱UFJ銀行のインターンシップの選考フロー


ES→GD→合格
という選考フローでした。三菱UFJ銀行のインターシップの選考は非常に倍率が高いので有名で、グループディスカッションでかなり落とされるようです。では詳しく見ていきましょう。



3.三菱UFJ銀行のインターンの選考


①ES
19卒のインターンシップのESは次のようなものでした。
(1)
インターンシップの参加志望動機を入力してください。
(2)
学生時代に取り組んだこと

(3)

働くことで大切にしたいこととその理由

志望動機、学生時代の取り組みのオーソドックスな設問に加え、将来働くことで大切にしたいことという面白い設問があります。


②グループディスカッション

三菱UFJ銀行のグループディスカッションは倍率がかなり高いので有名です。基本8人グループですが、合格できるのはグループ内で1-3人とされています。

選考会の流れとして

企業説明→グループ討論の流れです。

◎ポイント

三菱UFJ銀行のグループディスカッションの特長は人数がかなり多いことです。通常のグループディスカッションは4-6人で行われますが、三菱UFJ銀行のインターシップの選考は8人で行われます。8人となると発言量で差が出てくるでしょう。このような状況下で注意する事は

 

1.発言量を多くする

2.それでも協調性は大事に。しかしクラッシャーになったらOUT

の2点を抑えるといいと思います。

グループディスカッションで重要なのは、協調性と議論の修正です。就活では嫌と言っていいほど、クラッシャーと呼ばれる議論を壊すモノが現れます。
そのクラッシャーが出てきても焦らずにグループでいい結論を出すのが大事です。そのために自分がなにができるのか?を考えてみてください。
しかしグループディスカッションは慣れが必要です。かなり実践をこなさない限り難関インターンのグループディスカッションの突破は難しいでしょう。
【digmee】という無料の就活サービスはグループディスカッションの練習が本番レベルで出来るのに加え、フィードバックもしてくれます。
詳しくはこちらの記事に載っています

 

www.syukatsuman.com

 

また就活友達を作って練習を重ね、経験値を積むのもありですね

 


www.syukatsuman.com

 

 4.インターンシップ


インターンシップは5日間で、経営課題の解決ワークです。
レベルは高く、ボリューム層は東大、早慶だったそうです。

選考倍率が高いためか学生のレベルもかなり高いようです。


5.インターンシップ後のフォロー


インターンシップ後は、三菱UFJ銀行はインターシップ者限定のイベント等はありますが、残念ながらインターンシップに参加しても優遇されません。早期選考で進みますが、選考方法は一般ルートはさほど変わりません。

しかし『レベルの高い学生と触れ合いたい』・『三菱UFJ銀行についてもっと知りたい』という学生にはお勧めのインターシップだと思います。

 

いかがだったでしょうか?今回は三菱UFJ銀行のインターシップについて紹介させていただきました。三菱UFJ銀行のインターシップは内定直結型インターシップではなく、優遇されませんが、銀行を知るいい機会なので是非参加してみてください。

 

 ↓↓就活のやるべき事を全て書きました!!読まないと損!!↓↓

www.syukatsuman.com

 

お問い合わせはこちらまで
メールフォーム