Fラン卒サラリーマンのブログ

Fラン卒の私が就活の体験談など紹介します

ノバルティスのインターンは内定直結!?実際に参加した私が教えます!

f:id:syuukatuman:20180927115805j:plain


この記事を読んでいる方はノバルティスファーマのインターンシップがとても気になっているんじゃないでしょうか?自身も冬のインターンに参加しました。今回は、ノバルティスファーマのインターンは内定直結なのか?に加えてインターンの選考情報も併せて紹介していきたいと思います!

 ↓↓早期内定が欲しい方はこちらの記事をクリック↓↓

www.syukatsuman.com

 

 



1.ノバルティスファーマとは?

 

 

ノバルティスは、スイス・バーゼルに本拠地を置く、外資系製薬会社です。売上で見ると世界TOPクラスの企業であり、日本でもかなり大きな存在感を見せています。

 

2.ノバルティスインターンシップの選考フロー


ES→GD→合格

 

3.ノバルティスのインターンの選考

 


①ES

19卒のインターンシップのESは次のようなものでした。

1. 志望動機

2. あなたの特徴を教えてください。

3. どんなMRになりたいか?
◎ポイント
ここはESの通過率が非常に悪いと聞きました。人事曰くMRとしてのマインドを持っているかを見ているとおっしゃっていました。個人的には、患者さんの為に働くてきなことを書けば通過できると思います。GDの通過率は普通で2-3倍くらいだと感じました

②グループディスカッション

・流れ
一チーム4人に振り分けられ、グループディスカッションが始まる。

・所要時間
3時間(人事さんはインターンシップのプログラムだと思って頑張ってくださいとおっしゃっていました。)

・グループディスカッションのテーマ
糖尿病のpatient journeyをつくってください
→patient journey??となった方もいると思います。patient journeyとは患者様が健康な時から検査や治療、そして最期を迎えるまでの一連のプロセス、その時気持ちや患者様の満足度を改善するために情報共有して理解するツールです。
今回は糖尿病のpatient journeyですので、糖尿病の患者様が発病してから最後まで、どのような不安を感じているか?などを話し合いました。

非常に薬学部生が分かりやすいグループディスカッションのテーマとなっていますが、非薬学部生用に最初に糖尿病についての講座があるので非薬学部生でも全然参加できます。グループで話し合った後人事さんに向けて発表がありフィードバックがもらえます。

◎ポイント
かなり長いワークですので集中力がいりますね(笑)人事さんは『今日はたくさん失敗してください』と言っていたので、非薬学部生の私は分からないところを薬学部生にめちゃくちゃ聞いていました。その点がかなり評価高かったので積極的に挑みましょう!
ちなみにノバルティスの人事さんはフィードバックが強烈に厳しいです・・・(笑)厳しいフィードバックが耐えられない人はオススメできません。

グループディスカッションで重要なのは、協調性と議論の修正です。就活では嫌と言っていいほど、クラッシャーと呼ばれる議論を壊すモノが現れます。
そのクラッシャーが出てきても焦らずにグループでいい結論を出すのが大事です。そのために自分がなにができるのか?を考えてみてください。
しかしグループディスカッションは慣れが必要です。かなり実践をこなさない限り難関インターンのグループディスカッションの突破は難しいでしょう。
【digmee】という無料の就活サービスはグループディスカッションの練習が本番レベルで出来るのに加え、フィードバックもしてくれます。
詳しくはこちらの記事に載っています

 

www.syukatsuman.com

 

 

4.インターンシップ参加!



選考会を経て見事合格し、インターンシップ参加となりました。
インターンシップの会場は虎ノ門ヒルズ内にあるノバルティスの本社でした。

・期間:2日間
・参加学生の属性:薬学部生が8割、残りは文系など
・参加人数:20人ほど

1日目:自己分析・他己分析MRの存在意義についてグループで話し合う。
2日目:グループでMRのロールプレイング、人事さんから一人一人フィードバック
→2日目のMRのロールプレイングはかなり難易度の高いものでした。資料はどれも薬学知識が必要なものばかりで、非薬学部生の私にとってはかなりつらかったです。人事さん曰く非薬学部生と薬学部生が協力する姿が見たかったとおっしゃっていました。インターンシップ内で毎回『失敗しろ』といっていたので、インターンシップに参加した際には、積極的にワークに取り組むべきだと思います。
最後に人事さんからインターンシップ参加者に向けてフィードバックがあります。人数が少ない分一人一人課題を提供してくださり、今後の就職活動にもいきました。

 

5.インターンシップ参加後のフォロー

 

3月:インターンシップ参加者限定の座談会に呼ばれる
4月:面接
5月:面接→内々定

という流れでした。ンターンシップ参加者はGDが免除になります。面接もこれといった深堀はなく、インターンシップの際にかなり評価していたのでそこでもう決まっていた感じはしました。

いかがだったでしょうか?今回はノバルティスファーマのインターンシップは内定直結か!?ということを紹介していきました。私の結論から申し上げるとかなり選考に有利になるので少しでも興味がある方はぜひ参加してはいかがでしょうか。

お問い合わせはこちらまで
メールフォーム